読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かおりひめ

新橋のかおりひめカレーうどん

濃厚でカレーが麺に絡む。最高。


f:id:kzykz:20170427225639j:image

富山金沢旅 2日目

2日目。急遽思い立って、金沢行くことに。

カレーのチャンピオン本店でLジャン食うために。

富山から金沢行きの高速バスに乗って、11時半ぐらいに金沢に到着。

金沢駅から野々市行きのバスに乗って、いざチャンカレを目指す。

バス降りた後、地図アプリの設定を誤ったのか、

全然違うところに誘導されるも、なんとか到着。

大学の頃に来ていたのと、店舗は変わった気がする。

Lジャンの食券を買う。

マヨネーズをかけてもらうようお願いして、待つこと数分。

チャンカレ本店で食うLジャン。最高。

懐かしい気分になった。

昔はマヨネーズがテーブルに置いてあった気がするなあと思いつつ。

f:id:kzykz:20170423125715j:plain

f:id:kzykz:20170423125059j:plain

チャンカレのあとは、東京帰るだけだけど、

勿体無いので観光。

野町線に乗って、忍者寺へ。

金沢住んでた頃、野町線に乗ったことなければ、忍者寺に行ったことも無かった。

忍者寺の中に入り、ガイドを受けながら、

寺の中にある仕掛けを見学させてもらった。

設計した人すごいね。面白かった。

f:id:kzykz:20170423141650j:plain

そのあと、武蔵ヶ辻に行き、名鉄と近江町市場を散策。

ヤマト醤油で醤油ソフトクリームを食う。

大学の頃に、金石のほうのお店で食って以来。

あれもヤマト醤油だったんだと思う。たぶん。

f:id:kzykz:20170423154757j:plain

近江町市場を後にし、金沢駅へ。

金沢駅で日本酒を飲み、自分用に購入もした。

f:id:kzykz:20170423161901j:plain

そして、17時過ぎの新幹線で東京へ。

新幹線の中では、ますのすし食いながら、

ビールを味わっていた。

金沢、1日じゃ足りないわ。

また行くぞ。

f:id:kzykz:20170423170635j:plain

f:id:kzykz:20170423170827j:plain

 

富山金沢旅 1日目

BRAHMANのライブに参戦するために、富山に。

2年ぶりの北陸。

北陸新幹線で鯖寿し喰らいながらの移動。

新幹線で食う弁当と酒は最高。

f:id:kzykz:20170423214138j:plain

13時過ぎに富山に到着。

早速昼めし。富山駅前の廻転とやま鮨さんで寿司を食う。

新鮮なネタ。結構いい値段したけど。

氷見いわしが特に美味しかったなあ。

f:id:kzykz:20170423214051j:plain

回転寿司のあとは、街ブラして一旦ホテルにチェックイン。

BRAHMANのライブのあとは、晩飯。

五條っていう居酒屋でホタルイカを肴に酒を飲む。


f:id:kzykz:20170422225701j:image

その後は、締めのラーメンってことで、

大喜というお店で富山ブラック

身体に悪そうな塩辛さが最高に美味かった。


f:id:kzykz:20170422225830j:image

 

2017 Tour 戴天

BRAHMANのライブに参戦するために、富山まで遠征。

富山駅近くのMAIROというライブハウス。

チケットの番号が、結構若かったので、ど真ん中の前から二列目という、

かなりのベスポジを確保できた。

19時過ぎにライブ開始。

初っ端は守破離。生で聴いたの初めて。

途中で前の人が後ろに退散したので、真ん中最前列に昇格。

上からダイバーがガンガン降ってきて、

BRAHMANのライブに来ている満足感を久々に感じた。

其限→ONENESSの流れ最高だった。

いつも通り、TOSHI-LOWさんはダイブをかまし、

富山に久々に来たことを、「時が経つのは早いね(ニコ)」と言っていた。

ライブハウスの規制の話、如何に自分なりに楽しむかを考えされられるMCだった。

終盤は、新曲の不倶戴天→初期衝動→the only way。

あっと言う間のライブ。大満足。

ああ、東京の行きたかったなあ。確実に仕事で行けないので、

東京のはぴあでリセールしてしまった。。


f:id:kzykz:20170422222406j:image

 

DAMNATION不法集会

新宿FACEでDAMNATION主催興行、DAMNATION不法集会に行ってきた。

去年のユニット総選挙で1位を取得したことによる、主催興行。

超楽しみにしてて、平日なのにチケット取って参戦。

前説は島谷。DAMNATIONの面々が中々出てこず、

オープニングコールもせず島谷を困らせる。

唯一残ったマッド・ポーリーがなんとかオープニングコールをしてくれて、興行開始。

第一試合は、HARASHIMAバラモン兄弟VSアントン・高梨将弘・伊橋剛太。

HARASHIMAがはじめはバラモン兄弟の攻撃に反してクリーンファイトを試みるも、

結局はバラモン兄弟と一緒に狂った闘いをすることに。

スライム、水、キャリーバッグなどなどが入り乱れて、ノーコンテスト

f:id:kzykz:20170414192931j:plain

f:id:kzykz:20170414192103j:plain

第二試合は、島谷常寛VS X。Xは、ハイジ・カトリーナという女性レスラー。

カリスマが嬉しそうにセコンドについてた。試合はカトリーナの勝利。

f:id:kzykz:20170414194021j:plain

第三試合は、遠藤哲哉VS関根龍一VS児玉祐輔。

関根を無視して遠藤と児玉が組み合う展開。

要所要所で関根が介入して、最後は遠藤が関根からピンフォール

f:id:kzykz:20170414194419j:plain

セミファイナルは、石川修司&マッド・ポーリーVS田中将斗&関本大介

ヘビー級同士の肉弾戦。田中のシャープな動きが印象的だった。

f:id:kzykz:20170414201818j:plain

ファイナルは、カリスマ・佐々木大輔VSディック東郷

DDT EXTREME級選手権試合~Ultimate Submission Match。

30分間で、多くギブアップを取ったほうが勝ちというルール。

結果は3対3の引き分けで、カリスマの防衛。

試合開始10分以内に東郷が2ポイント先取でカリスマ危うしって感じになったが、

カリスマが盛り返して、一時は3対2に逆転。

結果的には3対3の引き分け。

試合後のカリスマと東郷の、指定同士のマイクでのやりとり。

悪びれながらも師匠への尊敬の念を伝えるカリスマ、

弟子の成長を認めつつ、壁として立ちはだかる覚悟を伝えた師匠。

いいやり取り。素晴らしかった。

興行後、サイン色紙を買って、DAMNATIONの面々のサインを頂く。

残念ながらカリスマは不在だったけど。

いい興行だった。またやってほしい。今年もユニット総選挙で1位になってくれ。

f:id:kzykz:20170414203707j:plain

f:id:kzykz:20170414203814j:plain

f:id:kzykz:20170414212021j:plain

 

戦国炎舞-KIZNA- Presents SAKURA GENESIS 2017

両国国技館で、新日本プロレスを観てきた。

目当ては、邪道外道のIWGPジュニアタッグ挑戦と、

メインのオカダ・カズチカVS柴田勝頼

邪道外道のタイトルマッチは第3試合。

試合は邪道外道ペースだったけど、隙きを見て鈴木軍が介入。

残念ながら邪道さんがフォール取られて撃沈。

ロッポンギヴァイスが取り返してくれるだろう。

f:id:kzykz:20170409163725j:plain

メインのオカダ・カズチカVS柴田勝頼

柴田のIWGP挑戦は、13年ぶりとのこと。。

試合は柴田ペース。かなり攻め込んでたし、会場も柴田を推す声が多かった気がする。

エルボーでオカダを倒し、締め技で迫るも、レインメーカーでオカダが勝利。

いい試合だった。試合後のバッドラック・ファレの乱入は要らん。

外道さんとオカダで締めてほしかった。

f:id:kzykz:20170409190654j:plain

その他の試合だと、まずは第4試合の石井智宏&矢野通VSケニー・オメガ&バッドラック・ファレ。

ケニーはホントにいい選手やな。矢野のトリッキーな動きにも対応して、

最後は片翼の天使

f:id:kzykz:20170409165301j:plain

あと、セミファイナルのIWGPジュニア選手権、高橋ヒロムVS KUSHIDA。

秒殺でヒロムの勝利。これ、KUSHIDAは大丈夫なのかしら。心配。

普段DDT観てるけど、新日はやっぱりおもしろいな。

f:id:kzykz:20170409145540j:plain

f:id:kzykz:20170409145028j:plain